乳癌の治療方法|乳癌が転移したならがん専門の池袋クリニックに相談を|がん治療.com

乳癌になると転移しやすい場所とはどこか

乳癌治療におすすめの治療方法

乳癌治療において、最適とされる治療方法は免疫細胞療法になります。その治療方法は、既に自分が持っている免疫細胞を最大限に引き出してがん細胞を倒していくといった治療方法です。これには様々な細胞を活性化させることで効率よく治療することができます。その細胞の中には樹状細胞というものがあり、その細胞を強化することでがん細胞の弱点を突き、がん細胞を食べることができるのです。この治療では、まず免疫細胞を採取して、それから強化を行った上で再び体内に戻していきます。治療はそれだけで、あとは経過を見て判断していくことになります。この治療は最近のがん治療の中でも治療実績の高い治療方法となっているので、期待してもいいでしょう。また、さらに進化した治療方法なども開発されているので、がんに対してしっかり向き合って対処することで完全にがんという症状を完治させることができるのです。転移の予防にもなるので、転移に関する知識も深めていくといいでしょう。転移している場所によって適している治療法があるのです。

乳癌の治療方法

女医と患者

リンパ節

乳癌で最も転移しやすい場所と言われているのは、リンパ節になります。これは、乳房から近いということがあってのことで、まず初めに乳癌であれば転移するだろうと言われているのです。リンパ節に転移すると、乳癌特有のシコリが出来たり、腫れたりするといった症状が出たりします。また、痛みも生じるためリンパ節に転移してから気付くといったケースも少なくないのです。

骨に転移する場合もあります。骨に転移すると、骨ががん細胞に蝕まれてしまい少しの衝撃によって折れてしまうといった症状になるのです。さらに、時には強い痛みを感じることがあります。骨に転移した場合の治療方法は、抗がん剤治療もしくはホルモン治療になります。これらの治療を行うことで、痛みやしびれなどを解消してくれるのです。症状がひどい場合には、骨を支えるために、釘を打つといったケースもあります。骨に転移した場合は医師の指示に従って治療していきましょう。

乳癌は肺に転移する場合もあります、肺というのは、体全身に血液を送る役目があります。その血液にがん細胞が混ざってしまい、肺に転移してしまうのです。肺に転移すると、息切れが激しくなったり、咳が止まらなくなったりなどの症状がおきます。肺に転移した場合の治療方法は、手術などは行わず、全身にかけて治療を行うことができる抗がん剤治療が適しているのです。肺に転移しているということで全身にがん細胞が行き渡っている可能性があります。そのがん細胞をすべて無くすためにも抗がん剤治療がベストなのです。