404|乳癌が転移したならがん専門の池袋クリニックに相談を|がん治療.com

乳癌が発生してしまう原因について知る

乳癌患者増加の背景

乳癌が発生するケースが増えている背景には、近年の食文化の変化と女性の雇用形態の変化があります。まず、食文化の変化ではファーストフードなどを日常的に摂取するようになったことです。このような食事を行っていると肥満体型のなってしまい、脂肪がどんどん体に蓄積されていきます。その結果、女性ホルモンも増加してしまい、大量に体内に蓄積されてしまうのです。そして、乳癌となってしまいます。また、女性の雇用形態の変化というものがあり、最近では女性の活躍できる社会づくりがされています。そのため、独身女性また高齢での出産が増えています。乳癌の発生の中で未婚女性もしくは高齢での出産というのが乳癌になりやすいと言われているのです。乳癌の発見が遅れるとすでに転移している可能性もあるので、軽く見てはいけません。このように乳癌の発生する原因が分かりつつあるので、乳癌にならないように乳癌の知識と定期的な検診を心がけるようにしましょう。そうすることで、きっと健康な体作りができます。